野田市立図書館OPACヘルプ

資料検索の使い方 検索キーの紹介 詳細画面について インターネットから資料の予約をするには 利用状況の確認について 貸出延長について web-OPAC+について

資料検索の使い方

検索は全角、半角いずれでも行うことが出来ます。
ただし、読み仮名を入力する際は、カタカナ(全角・半角を問わない)を入力してください。
表記の入力の場合は、表記どおりに入力してください。
単語間にスペースを入れることで、and検索を行うことが出来ます。
orを使用する検索、また検索対象をタイトル、著者などに特定したい場合は、
詳細検索を使用してください。
検索は部分一致です。

上へ戻る

検索キーの紹介

リストで選べる検索キーの意味について、説明します。
検索できる項目と説明
項目名内容
すべての項目 文字通り、OPACに格納されたすべてのデータについて検索します。
タイトル 書名、あるいは視聴覚資料のタイトルです。図書の場合なら奥付に書かれた書名を採用しています。入力されているものについては、内容タイトル(CDに収録されている曲目など)も検索出来ます。
著者等 作者、画家、演奏者、作曲者、監督など媒体によって様々な場合がありますが、その出版物を作成した人、もしくは団体を示します。ただし、アンソロジーなどの場合には、個々の責任表示について検索できない場合があります。
出版等 その出版物を出版している個人名、もしくは団体名です。
件名 その図書の内容を単語で表したものです。小説など入力されていない資料もあります。基本的には図書のみに入力されています。
分類番号 図書館が整理用に使っている番号で、基本的には日本十進分類表を使用しています。
出版年 その出版物が発売された年です。
ISBN 個々の出版物につけられた番号です。CDの場合には、品番で検索出来ます。ISBNは版によって異なる場合と、共通の場合があります。
年月日号 雑誌の年月日号です。いわゆる発行日とは異なる場合があります。個々の雑誌の年月日号の取り方については、それぞれの出版者へお問い合わせ下さい。
例:20110101(2011年1月1日の場合)

CD、映像資料の検索のコツ

図書館にどんなCD・映像資料があるかを一覧で見たい、という時は、
分類番号を使った検索が便利です。
CDの分類番号
クラシックポピュラーその他
A11:交響曲
A12:協奏曲
A13:独奏曲
A14:室内楽曲
A15:歌劇
A16:声楽曲
A23:ジャズ
A24:Rock&Pops(洋楽)
A25:シャンソン等
A26:インストゥルメンタル
A27:タンゴ・サンバ等
A28:カントリー・ハワイアン等
A29:日本のポピュラー
A3:純邦楽
A4:民族音楽
A5:演芸
A6:朗読

で、野田市内の図書館で所蔵するものを見ることができます。
ビデオやDVDの場合は、日本十進分類法が使えます。
映画なら「778」と入れて検索することで一覧がご覧いただけます。
また、所蔵のDVDを全て一覧で見たい場合には、トップページから「DVD一覧」をクリックしてください。 ビデオ・CDは所蔵件数が多いため、この方法は使えませんので、ご注意ください。
コミックは「コミックコーナー」から、目録をご覧いただけます。
上へ戻る

詳細画面について

資料の状態が「在架」のものは、現在、それぞれの図書館の棚(書架)に在ります。
その他、貸出中などの状態の時は、他の方がご利用中などで、すぐにご覧いただくことができません。

詳細画面の外部リンクについて

ISBNの入力された図書・コミックの詳細画面では、外部サイトを利用して、より詳しい本の情報を提供しています。
検索した本の詳しい情報が知りたい、あるいは、以前読んだ本に関連する本が知りたい、
そんな時は、詳細画面から以下のサイトを参照してください。
カーリル
図書館検索サイト「カーリル」では、本の大きな表示画像や、レビュー・感想を確認出来ます。
カーリルに野田市の図書館だけでなく、日ごろ使う勤務先や通勤先の図書館を登録しておくことで、
他の図書館も一括して検索できますので、より便利に図書館をご利用いただけます。
WebcatPlus
国立情報学研究所の運営するWebcatPlusでは、本の概要や、目次を確認出来ます。
検索結果の本が、本当に自分の探している本か迷ったら、こちらから詳しい内容を確認してみてください。

貴重資料について

所蔵場所が「貴重書庫」となっている資料は、貴重資料として図書館で保管しているものです。
閲覧を希望される方は、事前に野田市立興風図書館(04-7123-7611)まで、ご相談下さい。
なお、閲覧のご要望に沿えない場合もございますので、ご了承ください。
上へ戻る

インターネットから資料の予約をするには

インターネットから資料の予約・利用状況の確認・貸出期間の延長をするには、
事前に図書館カウンターでEメール・暗証番号の登録が必要です。
野田市内のお近くの図書館にご来館の上、登録用紙に記入して図書館カウンターへお持ち下さい。
登録の際は、「図書館カード」が必要ですので、忘れずにお持ち下さい。
登録後は暗証番号・Eメールをウェブサイト上から変更していただけます
安全のため定期的な暗証番号の変更をお勧めします。
なお、電話・Eメールでは暗証番号についてのお問合せは、お受け出来ません。
暗証番号をお忘れになった方は、改めて図書館カウンターで暗証番号の登録をお願いします。

予約出来る資料と点数制限

インターネットから予約できるのは、禁帯などを除く野田市立図書館で所蔵している資料と、
県立図書館の所蔵で野田市立図書館に登録されているものです。 点数は以下のようになります。
資料ごとの予約点数の上限
対象資料点数
図書・雑誌15冊まで。ただし、雑誌の最新号は不可。
コミック5冊まで
CD2点まで
ビデオ・DVD1点まで
書棚にある資料へご予約される場合、処理に時間がかかることがございます。お急ぎの方はお近くの図書館へ電話でご連絡ください。
間違って予約してしまったり、時間が掛かるので予約をやめたい場合、予約取消ができます。
予約取消の対象となるのは、「受取可」または「回送中」になっていない資料です。
「予約取消」を取り消すことは出来ません。同じ資料をご予約なさる場合は最後の順番でのご予約となりますので、手続きの際はご注意ください。

予約かごについて

「予約かご」は、これから予約したい資料を「リスト化」することで、一括で簡単に予約できる機能です。
予約の確定ではありませんのでご注意ください。
また、この段階では、資料が予約できるかどうかは判断されません。
予約の可否は、予約かごから「予約」の登録を行う際に判断されます。
これは「予約かご」から、実際に予約登録を行うまでに、資料の状態や取扱などが変更される可能性があるためです。

マイリストについて

マイリストは、予約でも、借りている資料の一覧でもありません。
ご自分のメモ、覚書としてお使いください。
ログイン後にWeb-OPACの資料の詳細画面に表示される「マイリスト」ボタンを押すことで、 リストに加えることが出来ます。
リストは5つまで持つことが出来、一つのリストにつき100件までを登録できます。

上へ戻る

利用状況の確認について

図書館サイトにログインした状態で「利用状況」をクリックすることで、 ご自分の借りている資料や予約している資料を確認することが出来ます。
所蔵のない資料について予約をされた場合や、寄贈図書などを利用された場合、データベース上に反映されないことがあります。
正確にお知りになりたい方は電話で図書館までお問合せください。

上へ戻る

貸出延長について

貸出延長は、「利用状況」画面より、お手続きして頂くことが出来ます。
貸出中の資料のリストより、貸出期間を延長したい資料の左側のチェックボックスにチェックし、「貸出延長」ボタンを押して下さい。
一般書・児童書・雑誌は、処理日より2週間、2回まで。
コミック、CD、ビデオ、DVDは、処理日より1週間、1回まで、行う事が出来ます。
ただし、相互貸借によって他の市・県の図書館などから借用した資料については延長を行えません。
また、返却日が一日でも遅れている資料、延長回数が超えてしまう資料については、延長出来ません。
インターネットによる延長と、図書館カウンターによる延長では期間が異なる場合がございます。
また、延長による返却日がご利用になっている館の休館日に当たっている場合もございます。
図書、雑誌、コミックの返却については、閉館時でもブックポストをご利用いただけます。

上へ戻る

web-OPAC+

web-OPAC+ 野田市立図書館のトップページから資料検索していただくことで、
簡単にweb-OPAC+を使うことができます。

入力サポート機能

web-OPAC+では、2つの入力サポート機能があります。
一つは、トップページから検索語を入力していただく時に、よく検索されるタイトルや著者を表示して、入力の手間を軽減する「猫の手」。
もうひとつは、検索結果に検索語とよく似た候補を表示する「他のキーワード」。です。
どちらも、過去一年間にインターネットから受付けた予約をもとに、著者やタイトルで候補リストを作成しています。

デジタル図書館(電子資料の紹介)

通常表示されるは、「図書」・「雑誌」・「AV」・「コミック」・「千葉県立」の検索結果のタブに、「デジタル図書館」が追加されます。
国立国会図書館(NDL)サーチで検索できる、国立国会図書館デジタルコレクションと青空文庫、CiNiiの検索結果を確認できます。
主に著作権保護期間の終了した資料や、国立情報学研究所で公開されている論文について、画面上で読むことが出来ます。
(国立国会図書館デジタルコレクションの「図書館通信対象資料」については、ご自宅等からは見れませんが、興風図書館の端末で閲覧・印刷が出来ます)

外部サイトへのリンク

書名がはっきりしない。調べたいことがあるけど、どうしたらいいか判らない。
そんな時、Web-OPAC+は強い味方です。
「該当する検索結果が0件でした。」で諦めないで下さい。
「web-OPAC+」は様々な方法で、あなたの"知りたい"をサポートします。
カーリル・ローカル
 図書館検索サイト「カーリル」を使って、千葉県内の図書館を一度に検索することが出来ます。
サイト内検索
 Googleを使用して、野田市立図書館のサイトを検索できます。
 微妙な文字のずれによってヒットしなかった資料も探せるかもしれません。
リサーチ・ナビ
 まず、どんなものか知りたい、どう調べたらいいか判らない。
 それなら「リサーチ・ナビ」。インターネット百科事典:Wikipediaや、全国図書館の調べ物事例で、
 簡単な内容から詳しい調べ方までしっかりサポート。
NDLサーチ
 国立国会図書館が提供する統合検索システムNDLサーチを活用して、国内の主だった図書館の蔵書や、デジタルコンテンツなどを検索できます。
想-IMAGINE
 様々な本のサイトから連想検索。入力したキーワードを本の内容などから明確な「書名」にしてくれます。
 あまりに検索結果が多い時は、「想-IMAGINE」の検索窓にさらに詳しく入力してみましょう。
dlib.jp
 専門図書館の総合検索サイト「dlib.jp」を使って、dlib.jpに参加している専門図書館の蔵書を見ることが出来ます。
 専門図書館はそれぞれある分野に特化した図書館で、公共図書館や大学図書館とは、だいぶその所蔵やサービスが異なります。
 利用については、それぞれの専門図書館のサイトを確認するようにしてください。
十進分類検索十進分類検索
図書で「該当する検索結果が0件でした。」と表示された時のみ、十進分類表が表示されます。
トップページの「十進分類検索」からでも利用することが出来ます。
うまくキーワードが思いつかないときなど、こちらから探してみてください。
小説など、大量の本がある分野には、主な著者一覧を用意しています。
著者名で検索出来ないときだけでなく、図書館にどんな作家の本が入っているのか確認してみることも出来ます。

なお、外部サイトの利用については、それぞれのサイトの指示に従って下さい。
また外部サイトで提供している資料情報について、野田市の図書館で提供をお約束するものではありませんが、
千葉県内の図書館間貸出サービスなどを利用して、可能なかぎり、ご協力いたしますので、
書名・出版社名などをメモして野田市内の図書館カウンターへご相談ください。
上へ戻る

閉じる